美術の窓

無料ニュースレターの購読

美術の窓11月号、本日発売!巻頭特集は「仏像から近現代まで『彫刻』三昧!!」

美術の窓11月号が本日発売になりました!巻頭特集は「仏像から近現代まで『彫刻』三昧!!」。
私たちは日本の「彫刻」と聞いた時に何を思い浮かべるでしょうか? 古寺で拝観する仏像? 美術館で目にする作品? あるいは抽象的なパブリックアートや公共空間に立つ銅像でしょうか? 特集前半は明治時代の「彫刻」の始まりから近現代の彫刻の展開を辿り、現代の彫刻家にはその魅力を語っていただきました。後半では仏像の世界に焦点を当てます。この秋見逃せない仏像の展覧会の見所や、寺院での特別拝観・文化財の公開情報などをお届けします。

それでは、特集の誌面を一部ご紹介します!

技法講座は、大友義博氏による「瑞々しい筆致による光の表現を求めて」〈中編〉です。

―美術の窓11月号目次―

【巻頭特集】仏像から近現代まで「彫刻」三昧!! 今出会える仏像100

◆日本の「彫刻」とは何か?

明治150年記念特別展「彫刻コトハジメ」・・・文:藤井 明(小平市平櫛田中彫刻美術館学芸員

太田南海、木彫家の系譜・・・文:武藤美紀(松本市美術館学芸員)

・人からものへ。また人へ? 近現代日本彫刻の展開・・・文:田中修二(大分大学教授)

・現代の彫刻家が語る彫刻の魅力・・・澄川喜一/速水史朗/蛭田二郎/山本眞輔/石谷孝二/牧田裕次/石川 裕

◆もっと知りたい 仏像の世界

・京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ・・・文:皿井 舞(東京国立博物館絵画彫刻室主任研究員)

・「仏像の姿」~微笑む・飾る・踊る~・・・文:清水眞澄(三井記念美術館館長)

・京都・醍醐寺─真言密教の宇宙─・・・文:佐々木康之(サントリー美術館学芸員)

・地方の展覧会でさらに堪能したい!

・見逃しがち? おすすめ常設展

・インタビュー:わたしと仏像・・・籔内佐斗司(彫刻家・東京藝術大学大学院教授)/六田知弘(写真家)/瀨谷貴之(神奈川県立金沢文庫主任学芸員)

・平成時代の仏像? 今、ほとけの姿をつくる・・・加藤巍山/奥西希生/上根拓馬/上路市剛/吉田 朗

・おすすめ書誌情報

・仏像拝観の旅に出かけよう・・・西国三十三所 草創1300年記念事業/京都非公開文化財特別公開/─伝教大師1200年大遠忌記念─至宝展

【技法講座】大友義博 瑞々しい筆致による光の表現を求めて〈中編〉

【好評連載】野見山暁治 アトリエ日記/山下裕二の今月の隠し球 ほか

【公募展便り】院展・主体展・近代美術協会展・二科展・全展・純展・一水会展・新協展・双樹展・新制作展・行動展

《総頁数》314頁

11月号の詳細はこちらをご覧下さい。

「美術の窓」11月号は全国書店、アマゾン、弊社ホームページでもお求めいただけます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ オンラインショップ・その他 ]