美術の窓

無料ニュースレターの購読

Recent Posts

  • 美術の窓8月号、本日発売! 巻頭特集は「水の表情を描く ㊙技法講座vol.55」

    美術の窓8月号が本日発売です! 巻頭特集は「水の表情を描く ㊙技法講座vol.55」。 流れ落ちる滝や広がる波紋、きらきらと光が反射する水面など、そのかたちを変えてさまざまな表情をみせる「水」。今回は人気作家7名の制作プロセスを公開! 水の表情をとらえて描くテクニックに迫ります。また、水をモチーフとした作品が見られる展覧会に関連したコラムや、今夏開催の展覧会で必見の水にまつわる作品についての情報もあわせて収録。盛夏に涼しげな特集をお届けします!

    それでは、誌面を一部ご紹介します!

    more

  • 美術の窓7月号、本日発売! 巻頭特集は「画材大研究」

    美術の窓7月号が本日発売です! 巻頭特集は4年ぶりとなる画材特集「画材大研究」。 今話題の展覧会、国立西洋美術館「松方コレクション展」、ポーラ美術館「印象派、記憶への旅」の展示作品から、モネとゴッホが使っていた画材を紐解きます。そして、油彩、水彩、日本画、筆など各ジャンルの画材計281点を網羅した画材カタログも豪華収録! 人気の実力派画家の愛用画材もご紹介します。

    それでは、誌面を一部ご紹介します!

    more

  • 美術の窓6月号、本日発売! 巻頭特集は「改元記念!未来に伝えるアート」

    美術の窓6月号が本日発売です! 巻頭特集は「改元記念!未来に伝えるアート」。 1989年1月、昭和天皇の崩御とともに始まった「平成」。バブル期の活況とその後の経済の低迷、各地で甚大な被害を及ぼした自然災害……日本社会が揺れ動いた平成30年のあいだ、美術はどのような役割を担ってきたのでしょうか。今回の特集では、平成の美術界を振り返るとともに、時代の節目を迎えた今、あらためて「未来に伝えるべきアートとは何か?」を考えます。

    それでは、誌面を一部ご紹介します!

    more

  • 美術の窓5月号、本日発売!巻頭特集は「令和元年! 新世代のアーティスト 新人大図鑑 2019」

    毎年恒例の人気企画「新人大図鑑」。今年も評論家・学芸員、デパート、画廊、編集部が注目する気鋭の若手アーティスト336名を一挙紹介。全国10大学の卒業・修了制作展レポートも収録。新世代の若き才能に注目します!

    それでは、誌面を一部ご紹介します!

    more

  • 美術の窓4月号、本日発売!巻頭特集は「魅せる力を磨く 装飾テクニック ㊙技法講座vol.54」

    美術の窓4月号が本日発売になりました!巻頭特集は「魅せる力を磨く 装飾テクニック ㊙技法講座vol.54」。
    古代の縄文土器のダイナミックな文様、中世の仏像・仏画にみる荘厳、近世の絢爛豪華な屛風絵、近代以降の超絶技巧を駆使した彫刻・工芸……私たち日本人は古くから多様な場面で「装飾」を施してきました。今回の㊙技法講座は箔を用いたテクニックや文様を活かした画面構成など、注目作家による装飾性溢れる作品の制作過程を紹介します。クリムトやミュシャの装飾美、日本美術と装飾をテーマとしたコラムなども収録し、華やかな「装飾」の魅力に迫ります。

    それでは、誌面を一部ご紹介します!

    more

  • 美術の窓3月号、本日発売!巻頭特集は「福沢一郎 反骨とユーモア」

    美術の窓3月号が本日発売になりました!巻頭特集は「福沢一郎 反骨とユーモア」。
    戦前戦後の激動する日本社会を、乾いたユーモアをもってシニカルに描き出した画家・福沢一郎(1898~1992)。 これまで「日本におけるシュルレアリスムの先駆者」として紹介されることが多かった福沢ですが、近年、研究者の尽力によって、その画業の幅広さや同時代の作家に与えた影響があらためて見直されつつあります。 3月12日から東京国立近代美術館で開催される「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」をはじめ、各地で福沢作品を紹介する展覧会が催される今、変わりゆく日本を鋭く見つめ続けた画家のまなざしに迫ります。
    また中特集では「美術賞完全ガイド」と題し、2018年に開催された公募・推薦美術賞のグランプリ結果を総まとめで振り返るとともに、これから応募できる2019年応募要項も網羅! ぜひご活用ください。

    それでは、誌面を一部ご紹介します!

    more

  • 美術の窓2月号、本日発売!巻頭特集は「わたしのデッサン ㊙技法講座vol.53」

    美術の窓2月号が本日発売になりました!巻頭特集は「わたしのデッサン ㊙技法講座vol.53」。

    毎回ご好評いただいている技法講座の第53弾。今回は洋画・日本画・彫刻の各ジャンルの注目作家7名によるデッサンの制作過程を紹介します。鉛筆や木炭を使用した王道デッサンから、本画を意識したカラーデッサンまで、その多彩な表現をご披露いただきます。また、洋画家・中山忠彦、日本画家・中島千波へのインタビューや100年ぶりの再発見の村山槐多作品をはじめ、今年必見のデッサンに関するコラムも収録。

    何を捉え、どのように表現するのか。デッサンには創造活動のエッセンスが詰まっているはず。個性溢れるデッサンの数々を通じてその魅力に迫ります! 

    それでは、特集の誌面を一部ご紹介します!

    more

  • 美術の窓1月号、本日発売!巻頭特集は「必見!! 今年の展覧会300」

    美術の窓1月号が本日発売になりました!巻頭特集は「必見!!  今年の展覧会300」。

    編集部が総力を挙げてお送りする、毎年恒例の展覧会特集号。今年はなんと300件を一挙紹介! クリムト、カラヴァッジョ、秘仏や若冲、バスキアまで、全国で開催される見逃せない展覧会を網羅。ペア招待券が抽選で当たる読者プレゼントも実施していますので、皆様ふるってご応募ください!

    また、2018年にもっとも人気を集めた展覧会の入場者数ランキングや、各地の芸術祭・アートイベント情報も満載、充実の計208ページでお届けします。1年の美術館めぐりに、ぜひお役立てください!

    それでは、特集の誌面を一部ご紹介します!

    more

  • 美術の窓12月号、本日発売!巻頭特集は「女性を描く㊙技法講座VOL.52」

    美術の窓12月号が本日発売になりました!巻頭特集は「女性を描く㊙技法講座VOL.52」。

    女性像は、今も昔も画家の永遠のテーマ。人気作家7名による、女性像の制作過程を公開する㊙技法講座を一挙紹介!滑らかな「肌」、柔らかな身体の「フォルム」、豊かに波打つ「髪」をキーワードに、女性のもつ美しさを際立たせるこだわりのテクニックを披露いただきます。また画家のデッサンやクロッキーによるポーズ解説や、多彩な執筆陣による女性像にまつわるエッセイ、開催中の展覧会で鑑賞できる必見の女性像を紹介するコラムも収録。女性像の魅力をあらためて掘り下げます。

    それでは、特集の誌面を一部ご紹介します!

    more

  • 美術の窓11月号、本日発売!巻頭特集は「仏像から近現代まで『彫刻』三昧!!」

    美術の窓11月号が本日発売になりました!巻頭特集は「仏像から近現代まで『彫刻』三昧!!」。
    私たちは日本の「彫刻」と聞いた時に何を思い浮かべるでしょうか? 古寺で拝観する仏像? 美術館で目にする作品? あるいは抽象的なパブリックアートや公共空間に立つ銅像でしょうか? 特集前半は明治時代の「彫刻」の始まりから近現代の彫刻の展開を辿り、現代の彫刻家にはその魅力を語っていただきました。後半では仏像の世界に焦点を当てます。この秋見逃せない仏像の展覧会の見所や、寺院での特別拝観・文化財の公開情報などをお届けします。

    それでは、特集の誌面を一部ご紹介します!

    more

Magazine & Books

美術の窓 2019年8月号
美術の窓 2019年7月号
美術の窓 2019年6月号
美術の窓 2019年5月号
展覧会の挨拶
写実絵画とは何か? ホキ美術館名作55選で読み解く
人生に美を添えて
KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭 公式カタログ
KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭 公式ガイドブック
ピカソ─二十世紀美術断想
山本眞輔の世界 彫刻作品集 il mondo di SHINSUKE YAMAMOTO
眼脳芸術論 眼科学と脳科学から解き明かす絵画の世界
美との対話 私の空想美術館
彫刻家の現場から
やっぱりアトリエ日記
私の空想美術館
異郷の陽だまり
美術の窓 4月号増刊 構図で楽しむ世界の名画
絵画素材の科学 よくわかる今の絵画材料

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ オンラインショップ・その他 ]