ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

国内では14年ぶりの大規模個展「村上隆の五百羅漢図展」が開催中!

Translations:

Category: exhibition

 国内では2001年に東京都現代美術館で行われて以来、14年ぶりとなる村上隆の大規模な個展が六本木の森美術館で始まった。

 東京藝大大学院在学中の1991年に現代美術家としてデビューした村上。敗戦後の日本をテーマに、オタクカルチャーやキャラクター文化と日本の美術史を接続する「スーパーフラット」の概念を生み出し、日本の現代美術を代表する一人として、国際的な活躍を続けているのは周知の通り。 

 今回の展覧会タイトルにも冠された「五百羅漢図」は東日本大震災に直面した村上が、全国の美大から200人の若い才能を集め描き上げた、カイカイキキの工房システムの集大成とも言える作品。それを筆頭に多くの新作を含む約50点で構成される本展は、キャラクター作品の集大成的な新作、独自の抽象画や、長きにわたって制作している立体作品、ドクロを描いたシリーズなど、まさに見応えたっぷりの内容となっている。また、「五百羅漢図」の制作プロセスを公開するコーナーや、狩野一信の「五百羅漢図」の数点も特別展示している。

 この貴重な機会に、是非村上隆の「今」を感じていただきたい。

「五百羅漢図」(部分)と、村上隆氏。記者発表会にて。

©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

村上隆の五百羅漢図展

会期:開催中〜2016年3月6日(日)

会場:森美術館

http://www.mori.art.museum/jp/index.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ オンラインショップ・その他 ]