ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

アート・ステージ・シンガポール2014が新プロジェクトを発表

Translations:

Category: art fair, news

アート・ステージ・シンガポール2013入口  画像提供:アート・ステージ・シンガポール

来年1月16日から19日まで開催されるアート・ステージ・シンガポール2014は、新しいプロジェクト「プラットフォームズ」を発表。新プロジェクトは、東南アジア地域、インド、中国、台湾、日本、韓国およびオーストラリア、ニュージーランドの代表アーティストや若手作家の多彩なダイナミックな作品を展示する。

今年には5日間に来場者が40500人を記録し、美術関係者、コ レクターや画廊の皆様に高く評価された。特に、フェアの企画プロジェクト、「インドネシア・パビリオン」はインドネシア現代美術の現状にフォーカスし、大変な好評を博した。今回の「プラットフォームズ」は、参加ギャラリーとキュレーターのキュレーションにより、各地域のアートシーンを紹介し、多様性と活力があふれるアジア太平洋地域の現代美術の現状を世界からの来場者に見せる。

「私たちがアジアについて話す場合、國・地域のアートシーンが細かく分けられていますので、アジアの現代芸術を1つとして語ることはできません。西洋からみると、アジア市場への理解は不十分な場合もあります。私たちは、「プラットフォームズ」を通じて、アジアパシフィック地域のダイナミックで多様なアートシーンを紹介することが重要であると思っています。我々が創りだそうとしているアジアパシフィック各地の展示は、作品販売も行います。そして展覧会は地域に互いの相乗効果を生み出し、それぞれの地域の人々とコミュニティーをつなぐ架け橋になるでしょう。そして観客には、アジアパシフィックにおけるアートの全体的な概観だけでなく、地域の現代芸術についてのより深い理解をもたらすでしょう。シンガポールで開催されるアート・ステージ・シンガポールは、このように各地から様々な芸術的資源を一つに集め、それにより現代の絶え間ない変化に適応した新たな考え方を人々に促し、より深くアジアに根をおろすこととなるでしょう。」とアート・ステージ・シンガポールの創立者でありディレクター、ロレンツォ・ルドルフは語った。

「プラットフォームズ」は、会場の20%、約1800㎡のスペースで、高さ4メートルもある展示壁を使い、美術館での展示のように構成される。異なる文脈をベースにした芸術作品をわかりやすく展示し、クオリティの高い展示となるでしょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ オンラインショップ・その他 ]