ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ 金獅子賞決定

Translations:

Category: news

国別パビリオン金獅子賞を受賞したアンゴラ館、アーティスト金獅子賞を受賞したティノ・セーガルと、銀獅子賞を受賞したカミーユ・アンロ

第55回ヴェネツィア・ビエンナーレは、88か国が参加した国別パビリオンの金獅子賞をアンゴラ館に与えた。ビエンナーレが開催して以来注目を集めているロシア館のヴァディム・ザハロフの個展ではなく、ジョルジェ・グンベとフェリシアーノ・ドス・サントス、ビヨンド・エントロピーがキュレーションしたエドソン・チャガスの個展「Luanda, Encyclopedic City」が審査員に評価され、今回の賞を取った。受賞理由は、展示がルアンダという所の矛盾と複雑を表現していると書き足した。

今回のマシミリアーノ・ジオーニディレクターがキュレーションした企画展「The Encyclopedic Palace」(ニューヨーク、ニューミュージアムのアソシエイトディレクターならびに展覧会担当ディレクター)に約38カ国から150名以上のアーティスト達が出展している。イギリスに生まれ、現在ベルリンを本拠地とする芸術家、ティノ・セーガルが金獅子賞を受賞した。ティノ・セーガルは今年のターナー賞にも入選した。銀獅子賞はフランス人女性アーティストのカミーユ・アンロが受賞。

ティノ・セーガルがアーティスト金獅子賞を受賞した時の影像。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ オンラインショップ・その他 ]