美術の窓

無料ニュースレターの購読

美術の窓2017年7月号

  • 表紙作品:ヒエロニムス・ボス工房「トゥヌグダルスの幻視」(部分、全図は22頁) 1490〜1500年頃 油彩、板 ラサロ・ガルディアーノ財団蔵 ©Fundación Lázaro Galdiano 表紙デザイン:河北秀也、坂倉実
次号予告
2017年8月号/No.407 絶対見たい! 展覧会 2017年下半期編 7月20日(木)発売

  • 【巻頭特集】
    奇想絵画の世界へ

    ブリューゲル「バベルの塔」、ボス、アルチンボルドから現代作家まで

    ◆Part.1 ブリューゲル
    ・バベルの塔─ブリューゲルにとって「人間」とは何だったのか? /文・山村仁志(東京都美術館学芸担当課長)

    ◆コラム:「奇想」の絵画 べルギーにおける誕生と展開/文・宮澤政男(Bunkamura ザ・ミュージアム上席学芸員)

    ◆Part.2 ヒエロニムス・ボス
    ・ヒエロニムス・ボスと奇想の源泉/文・小池寿子(美術史家、國學院大学教授)

    ◆対決!! ネーデルラントが生んだ 二大「奇想の画家」 ボス/ブリューゲル年譜

    ◆Part.3 アルチンボルド
    ・謎多き宮廷画家 アルチンボルド 一風変わった人物表現はいかに描かれたか?/談・渡辺晋輔(国立西洋美術館主任研究員)
    ・奇想芸術の大コレクター ルドルフ2世が 築いた「驚異の世界」とは?/文・木島俊介(Bunkamura ザ・ミュージアムプロデューサー)

    ◆奇想の系譜を継ぐ者たち 18世紀以降の展開

    ◆エッセイ
    ・奇なるを奇とせず レオン・スピリアールトによせて/文・有𠮷玉青(作家)
    ・異界への畏れと憧れ ベルギー幻想文学と美術/文・東 雅夫(アンソロジスト、文芸評論家、怪談専門誌『幽』編集顧問)

    ◆現代作家の作品で味わう奇想の世界
    泉谷淑夫/小林裕児/生駒泰充/森 洋子/市川伸彦/七戸 優/金子富之/川野美華/山本もえ美/仁戸田典子/原太一

    ◆展覧会で奇想の絵画を味わう!
    ☆読者招待券プレゼントつき

    【情報&ニュース】
      ・テレビ・インフォメーション
    ・MADO LIBRARY 新刊案内
    ・アートナウ〈ニュース&お知らせ〉

    【連載】
    ・山下裕二の今月の隠し球
    ・美の棲むところ  六田知弘(写真家)
    ・眼と脳がアートを創造る 深作秀春
     ・ワシオ・トシヒコの眼の冒険
    ・美術で探る現代書 武田 厚
    ・二十世紀美術断想 粟津則雄
    ・アトリエ日記 野見山暁治
    ・戌も歩けばbeauに当たる 竹田博志
    ・お悩み解決 立島惠に訊け!

    【公募展便り】
    東光展・大調和展・現代パステル協会展・彩美展・国展・朔日会展・新洋画会展・新世紀展・日本画院展・太平洋展・三軌展・日府展・旺玄展・新興展・創造展・創型展・女流画家協会展

―人気の記事―

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]