美術の窓

無料ニュースレターの購読

ブリューゲルの「バベルの塔」が東京都美術館にやってきた! 奇想の巨匠ヒエロニムス・ボスの油彩2点も初公開 

Category: 展覧会

会場風景

上野・東京都美術館で本日開幕した、「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」。24年ぶりにブリューゲルの「バベルの塔」が来日する機会とあって、先日の内覧会でも会場は賑わいを見せていました。

会場風景。ネーデルラントの彫刻作品の数々も見応えあり!

ヒエロニムス・ボス 「放浪者」1500年頃 油彩、板

ヒエロニムス・ボス 「聖クリストフォロス」1500年頃 油彩、板

ブリューゲル、ボスをはじめとする16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻を全体で約90点の出品作で紹介する同展。「バベルの塔」はもちろんですが、展覧会のもうひとつの目玉は、奇想の画家ヒエロニムス・ボスの油彩2点。ボスの絵画は世界で約25点しか現存しないといわれており、今回出品される「 放浪者」「聖クリストフォロス」はどちらも日本初公開です。

会場風景。

会場風景。

油彩、彫刻作品の他、怪物モチーフが所狭しと描かれるボスの銅版画や、ボスの影響を受けた16世紀の画家たちによる銅版画、そしてブリューゲル下絵の銅版画も多数出品されています。画面のあちこちに描かれる奇怪な生き物たちの姿は、じつにユーモラスで見入ってしまいます。

「バベルの塔」を前に、ボイマンス美術館のシャーレル・エックス館長によるギャラリー・トークの様子

東京藝術大学COI拠点制作の「バベルの塔」複製画(300%拡大)

内覧会の当日は、ボイマンス美術館のシャーレル・エックス館長によるギャラリー・トークも開催。作品の前には人だかりが出来ていました。また会場内には、東京藝術大学COI拠点の特別協力により、原寸を約300%拡大したブリューゲル「バベルの塔」の複製画や3DCG動画も公開。最新テクノロジーを駆使し「バベルの塔」の魅力に迫ります。

ミュージアムショップの様子

ミュージアムグッズも充実のラインナップ。バベルの塔スノードームや、ブリューゲルの版画作品に登場する奇怪な生き物たちをモチーフにしたグッズも多数。目移りしてしまいます。

会場入り口

「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」は7月2日まで。ブリューゲル、ボスの傑作をはじめ16世紀ネーデルラント美術の粋が集まる同展、この貴重な機会をお見逃し無く!

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて-

〈会期〉2017年4月18日(火)~7月2日(日)

〈会場〉東京都美術館 〒110-0007東京都台東区上野公園8-36

〈開室時間〉9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで) 夜間開室毎週金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)

〈観覧料〉当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円 団体券 | 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800円

※団体割引の対象は20名以上 ※中学生以下は無料 ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料 ※いずれも証明できるものを要提示

〈主催〉東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、TBS、BS朝日

〈問い合わせ先〉TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

―人気の記事―

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]