美術の窓

無料ニュースレターの購読

世界遺産 ラスコー洞窟の壁画が国立科学博物館に出現!!クロマニョン人の正体に迫る

Category: 展覧会

会場風景

国立科学博物館で開催中の「特別展 世界遺産 ラスコー展」。現在は保全のため研究者ですら入ることが許されないラスコー洞窟を、最新テクノロジーを駆使して1ミリ以下の精度で復元! この会場でしか見ることができない実物大の洞窟壁画を体感できます。洞窟が展示される会場は実際に暗く、ライトアップされて見ることができるのですが、まさに洞窟の中にいるようなわくわく感、太古の傑作に魅了されること間違いなし!

身廊の壁画1  褐色のパイソン・ヤギの列・  ウマの列

今から2万年ほど前、フランス南西部の洞窟に、クロマニョン人が描いた躍動感溢れる動物たち。その洞窟がラスコー洞窟です。ラスコー洞窟の壁画は色彩の豊かさや、技法、そして600頭とも言われる描かれた動物の数と大きさなどが格別に素晴らしく、1979年に世界遺産に登録されました。
 およそ4万数千〜1万4500年前のヨーロッパで、野生動物の狩りを中心とする狩猟採集生活を送っていたクロマニョン人。ヨーロッパの先住者だった ネアンデルタール人と比べ、 クロマニョン人の行動はいくつかの点で異なり、その1つとして彼らを絵を描きました。現在、フランスやスペインを中心に、クロマニョン人の壁画が残っている洞窟が300以上あります。 ラスコーの壁画は、その中でも傑出しており、旧石器時代美術の代名詞になっています。
 上の写真の壁画には、 ウマやパイソンが重ねて描かれています。彩色された動物たちの輪郭は、石器を使った線刻による強調されています。動物の姿勢や蹄まで精巧に描かれ、クロマニョン人の観察力の高さが伺えます。

身廊の壁画1  褐色のパイソン・ヤギの列・  ウマの列 こちらの壁画は、数分間に1度、隠れた線刻がライトで浮かび上がります!

展示される5つの壁画のうちの1つ、洞窟の最深部である「井戸状の空間」にある壁画。傷つき腸がはみ出たパイソンが、トリの頭をした謎の「トリ人間」を突き倒しています。謎に満ちたこちらの壁画、色々想像してみると面白いかもしれません。日本初公開の「ラスコー洞窟のランプ」もここで発見されました。展示が決まるまでも大変だったそうで、今後お目にかかることはもうないといっても過言ではない、超希少な「ラスコー洞窟のランプ」にも注目!クロマニョン人はこの石のランプに灯をともして洞窟に入り、絵を描いたのです。確かに真っ暗では何も描けません。

それぞれ実際に見つかっている化石骨をもとにクロマニョン人を復元。現代人と変わらぬ顔つきと姿です。後期旧石器時代の中頃に、骨製の縫い針でつくられた機能的な衣服や、貝殻のビーズをつけた女性の頭飾りは、現在使われても違和感のないお洒落さ。また、 クロマニョン人の石器には主に皮革加工に使われた道具があり、衣服に動物の皮を積極的に利用していました。男性の持ってる狩猟具は、石や角を利用した色々なタイプの槍先があり、このような狩猟具の多様化はネアンデルタール人の文化には見られないものでした。初期のクロマニョン人の身長と体重は、男性で176cm・71kg、女性で164cm・60kgくらいで、 ネアンデルタール人よりすらっとしていたとか。 さらに、胴長短脚になっていったことから、クロマニョン人は暑いアフリカから、寒いヨーロッパへやってきて、その土地の環境に適した体型に進化したことがわかります。

会場風景

ラスコー洞窟以外にも、世界初公開の洞窟に残された画材や道具、日本初公開のバイソンの彫刻、槍を遠くに早く飛ばし、動物を捕らえやすくする投槍器など、見逃せない実物資料が目白押し。クロマニョン人は実用品にも写実的な彫刻を施しており、それはもはや芸術品。謎に包まれたラスコー洞窟の全貌と、ラスコーの壁画を描いたクロマニョン人の意外な正体に迫る、非常に興味深い展覧会。是非お見逃しなく!!


特別展「世界遺産 ラスコー展~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」

会期 2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日)
会場 国立科学博物館 
住所 東京都台東区上野公園7-20
料金 一般・大学生 1,600円、小・中・高校生600円
主催 国立科学博物館、毎日新聞社、TBS
後援 文部科学省、外務省、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力 日本旧石器学会、日本通運
監修 海部陽介(国立科学博物館 人類研究部 人類史研究グループ長)
学術協力 五十嵐ジャンヌ(東京藝術大学講師)、佐野勝宏(東京大学総合研究博物館特任助教)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

―人気の記事―

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]