美術の窓

無料ニュースレターの購読

高萩「萩の茶屋」オープン! 穂積家住宅で深まる秋と贅沢ランチ!

Category: 展覧会


築約240年の茅葺き古民家で県指定文化財の穂積家住宅に、今年も「萩の茶屋」が期間限定オープン。

茨城県高萩市が主催となり、高萩市商工会と地元の有限会社五浦ハムの協力により、毎年秋に県指定文化財・穂積家住宅を利用してオープンする高萩「萩の茶屋」。期間限定、秋の風物詩とも言える古民家レストランは、地域食材を利用した贅沢で味わい豊かなランチが楽しめるとあって、例年好評を博しています。

今年は茨城県北6市町(日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町)を舞台に開催される「茨城県北芸術祭」の展示会場の一つに穂積家住宅が選ばれており、開催期間が重なることから、現代アートに囲まれた古民家で食事が楽しめます。大人気の「常陸牛」を使ったステーキやハンバーグ、SAZA COFFEE 特別ブレンドコーヒーに加え、今年は新たに、県北芸術祭記念メニューや、地元の特産品・花貫フルーツほおずきを使ったデザートも提供。このデザートは、東京・青山にある人気レストラン「HATAKE AOYAMA」の取締役総料理長の神保佳永氏考案によるものです。

2016年度の営業期間は、9月17日(土)〜12月4日(日)。ぜひ芸術祭と合わせて足を運んでみましょう(^o^)♪

オープンに先立ち、9月15日に行われたメディアレセプションの様子をお届けします。

伊藤公象作品、展示風景。日本庭園に作品が点在する。茨城県北芸術祭における穂積家住宅展示作品の一部も公開された。

作品について語る伊藤公象氏。

メディアレセプション開催前に、作家の伊藤公象氏、上野雄次氏が参加し、茨城県北芸術祭展示作品の一部内覧会も行われました。

伊藤氏の作品は、土を薄くスライスして、即興で焼き上げて作る多軟面体のシリーズを意識した陶芸作品。一つとして同じものはない無数の曲面は、生命や有機性を感じさせ、それらは自然の結晶模様とも言えます。本来凍らせるという行為は生命を無くす行為ですが、その一瞬の形状に生命を宿しています。全て場所を下見したうえで制作しており、今回は穂積家住宅を舞台に、「松竹梅」の流れも意識したそうです。

上野雄次作品、展示風景。衣装蔵を使った展示。

上野氏の作品は、衣装蔵に腐葉土を運びこみ、3Dプリンターで作成した折れたテッポウユリを生けた作品。折れた花も3Dプリンターでスキャンすることにより形として残ります。生ける=立てるという行為は、死にゆく自然の姿の対極にあるもの。暗闇の空間に充満する腐葉土の匂いと、その生け花の姿のコントラストから、命のイメージを感じ取ることができるのではないでしょうか。

そして、いよいよ試食会へ。

常陸牛ハンバーグ。

左から、主催者あいさつを行う小田木真代 高萩市長、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭の南條史生 総合ディレクター、来賓あいさつを行う田所和雄 高萩市議会議長。

高萩市のブランド「花貫フルーツほおずき」を使用したスイーツ。左から、ほおずきレアチーズ、ほおずきミルクレープ。

今年の「萩の茶屋」の目玉、「花貫フルーツほおずき」を使ったスイーツは、高萩市のおとなり茨城県日立市出身というHATAKE AOYAMA(東京都港区南青山)の総料理長の神保佳永シェフがレシピ提供し、地元のレストラン・アトリエ小麦の宗真美氏が製作したミルクレープとレアチーズケーキの2種類。どちらもほどよい酸味と甘みがすっきりとした味わいで、女性にも男性にも喜ばれる一品!「〜ほおずきの里からの贈り物〜ドルチェセット」としてお飲み物とセットで1,200円で提供されるとのこと。また、スイーツに使用している「ほおずきアイス」のみも、穂積家住宅の駐車場インフォメーションセンターで1個350円で販売されるとのことです。

ランチだけでなく、休憩での立ち寄りも良さそうですね!

考案したスイーツについて解説する、HATAKE AOYAMA総料理長の神保佳永シェフ。  

今年の秋は、趣ある雰囲気の「穂積家住宅」で、現代アートと古民家を眺めながら、贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがですか?

高萩「萩の茶屋」 概要

場所:茨城県高萩市上手綱2337-1「穂積家住宅」

営業期間:9月17日(土)〜12月4日(日) ※休業日 毎週月曜日(休日の場合はその翌日)

営業時間:10:00〜16:00(ランチメニュー 11:00〜L.O.14:45)

席数:100席 ※全席禁煙

電話番号:0293-22-3910 ※営業時間内のみ対応。 ※予約可。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]