美術の窓

無料ニュースレターの購読

美術の窓10月号、本日発売! 巻頭特集は「没後110年 カリエール 知られざる巨匠」

Category: ニュース

美術の窓10月号が本日発売になりました巻頭特集は「没後110年 カリエール 知られざる巨匠」。 現在、東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館では、「没後110年 カリエール展」が11月20日まで開催中です。

19世紀フランス象徴主義を代表する画家ウジェーヌ・カリエール(1849~1906)は、セピア色の画面に神秘的に浮かび上がる人物や母子像で知られています。今回の展覧会では、出品作品88点のうちじつに76点が個人蔵。これまで非公開だった作品も展示され、カリエールの貴重な作品がまとめて見られるまたとない機会です。美術の窓の10月号では、19世紀末のフランス画壇で成功を収めながらも、独自の境地を切り拓いた知られざる巨匠・カリエールの作品と生涯を、豊富なグラビアとコラムで辿ります。

それでは、10月号の誌面を少しだけご紹介します。

連載の技法講座は「小川浩司 シルクスクリーンを下図にした練り込みテンペラ画〈中編〉」です。

─美術の窓10月号目次─

【巻頭特集】没後110年 カリエール 知られざる巨匠

◆グラビアで味わうカリエール

母と子/若き夫婦の肖像/少女/日常/肖像画家としてのカリエール/初期作品から/風景

◆コラム 「モノクローム絵画の思考」

文・佐藤泰生(洋画家、新制作協会会員)

◆コラム「美術史」から見たカリエール

文・小林晶子 (東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館主任学芸員)

◆ロダンとカリエール~彫刻家と画家、 二人の芸術家の共鳴

◆カリエールの生涯

◆ 展覧会インフォメーション

【技法講座】小川浩司 シルクスクリーンを下図にした練り込みテンペラ画 〈中編〉

【好評連載】山下裕二の今月の隠し球 ほか

【公募展便り】蒼騎展・日象展・アート未来展・日本水墨院展・現代パステル協会展・日本・フランス 現代美術世界展・世界絵画大賞展・全展・近代美術協会展・白士会展

10月号の詳細はこちらをご覧下さい。

「美術の窓」10月号は全国書店、アマゾン弊社ホームページでもお求めいただけます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

―人気の記事―

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]