美術の窓

無料ニュースレターの購読

国立西洋美術館が世界遺産に登録決定、8月に記念デザインの美術館共通パスポート発売

Category: ニュース

世界遺産に登録された国立西洋美術館

東京・上野公園にある国立西洋美術館が、世界文化遺産に登録された。トルコのイスタンブールで開催された国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で決定。トルコのクーデター未遂の影響で、審議が大幅に遅れた末の決定となった。

同館はフランス政府から寄贈返還された実業家・松方幸次郎コレクション(印象派の絵画およびロダンの彫刻を中心とするフランス美術コレクション)を基礎に、西洋美術に関する作品の収集・公開を目的として1959年に開館。20世紀を代表するフランスの建築家ル・コルビュジエ(1887- 1965)が設計を手がけた。コルビュジエ建築の特徴であるピロティー(柱)、骨組みと壁の分離、自由な平面、自由な立面、屋上庭園などに加え、展示室の中心にスロープで昇っていく渦巻き形の動線が同館の特徴。1998年には地域に根ざした優れた公共施設として建設省より「公共建築百選」に選定、2007年には国の重要文化財(建造物)に指定されていた。過去2回の登録見送りを経て、このたび念願の世界遺産登録となった。

8月15日からは、東京・上野地区の文化施設9施設の共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」に、国立西洋美術館の世界遺産登録記念デザインが新登場。パスポートは国立西洋美術館、東京国立博物館、国立科学博物館、上野動物園、下町風俗資料館、旧岩崎邸庭園、東京都美術館、朝倉彫塑館、書道博物館の9施設の常設展等に、利用期間中各1回入場できる。通常は全施設を回ると入場料は合計で4,770円(常設展等)になるところ、半額以下でお得に美術館めぐりを楽しめる。利用期間は8月15日(月)から2017年1月31日(火)まで、国立西洋美術館や東京国立博物館、国立科学博物館などで発売される。詳細は上野「文化の杜」のWebサイトを参照。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]