美術の窓

無料ニュースレターの購読

ホキ美術館で「心ゆさぶる写実絵画─今を生きる日本の作家たち─」が開幕 400点を越える所蔵作品の中から心ゆさぶる名品が一同に会す

Category: 展覧会


野田弘志《聖なるもの THE-Ⅳ》2013年(ホキ美術館所蔵)

千葉のホキ美術館で「心ゆさぶる写実絵画─今を生きる日本の作家たち─」が開催。先日プレス内覧会に出席させていただきました! 2010年に日本初の写実絵画専門美術館としてオープンし、「写実の殿堂」として知られるホキ美術館で、日本で活躍する30代から80代の写実作家27人の作品70点を展示する同展。出品作家は野田弘志、森本草介、中山忠彦、羽田裕、青木敏郎、五味文彦、大矢英雄、磯江毅、原雅幸、生島浩、大畑稔浩、藤原秀一、島村信之、小尾修、石黒賢一郎、塩谷亮、安彦文平、松田一聡、曽根茂、山本大貴、寛戸絵美、綿抜亮、藤田貴也など。実に豪華なメンバーの作品を鑑賞しながら、写実絵画の魅力を堪能することができます。 


森本草平《横になるポーズ》1998年(ホキ美術館所蔵) ホキコレクション第一号の作品です。

15世紀にヨーロッパで開発された油絵具は、半透明の薄い層を重ねることができ、自然の表現に極めて近い色や陰影の画面の構成を可能にしました。その頃から始まった写実絵画は、レオナルド・ダ・ヴィンチを頂点に、遠近法と陰影、筆のタッチを消す技法によって完成されたと言われています。しかし、19世紀初頭の写真の発明で写実性の価値が下がったことで、絵画表現は多様な展開を見せることに。20世紀、戦後に抽象絵画が全盛となった時代、中山、野田、森本はそれでも写実絵画を描き続けました。そしてホキ美術館がオープンし、いま日本は世界的に見ても写実が最も盛んな国となっています。


原 雅幸《木造船の港》1993年(ホキ美術館所蔵)

現代日本の写実絵画は古典的な写実絵画の技法を使いながらも、新しいものを表現しています。画家には写実の技法を使って何を訴えていくのかが問われ、各々の価値観と美意識に基づいた新たな写実絵画を生み出しているのです。ただ写実的に描くだけではない、画家の個性や息づかいを感じることの出来る作品が並んでいます。


生島浩《5:55》2007〜10年(ホキ美術館所蔵)

写実絵画は制作期間が長く、1枚の制作に2〜3ヶ月はかかるのが普通。生島浩のように数年かけて1枚を完成させる作家もいます。長期間作品と向き合って描くことでさまざまな想いが交錯し、その想いを絵に託しつつ、画家は試行錯誤を凝らして作品を描きます。画家が巡らせた長い思索や、対象に向き合ったときに感じた驚きと喜び。そうしたものに思いを馳せながら、観客の私たち自身も新たな感動にも遭遇することができるのではないでしょうか。


石黒賢一郎《存在の在処》2001~11年(ホキ美術館所蔵)

トークショーの中で、特に印象に残った1枚をご紹介します。この作品は、石黒が教師だった父親を学校の中に描き、8年かけて完成した作品。黒板の字があまりにもリアル過ぎることで、本当にチョークではないのかと確かめるために作品に触る人が続出。そのため、今はアクリル板をかけて展示してあるそうです。私もぐぐっと近くに寄って見たのですが、それでも本物と見分けがつかないほどの超細密描写でした!

石黒賢一郎《存在の在処》(部分)2001~11年(ホキ美術館所蔵)

会場では「55」のキャプションが付いた作品(小社刊行の「写実絵画とは何か? ホキ美術館名作55選で読み解く」で紹介している作品です!)から、来場者が「心ゆさぶられた」作品を3つ選ぶアンケートも実施。自分の心に響く作品を探しながら鑑賞することで、さらに展覧会を楽しむことができます。この55点を中心としたホキ美術館コレクションの地方巡回が、秋田県立近代美術館(7月2日〜9月11日)と阪急うめだギャラリー(11月23日〜12月5日)ほかで予定されています。

ミュージアムショップでは人気作品の絵葉書やホキ美術館ペーパークラフト、そして「写実絵画とは何か? ホキ美術館名作55選で読み解く」も好評発売中!是非展覧会と合わせて、お手に取ってみてください。

ホキ美術館は、その建築デザインも魅力のひとつ。自然光を取り入れることで緑の中を散策するような気持ちで歩けるギャラリー1のほか、快適な鑑賞のために様々な工夫が凝らされています。観賞後にお時間がありましたら美術館の周りを一周し、先端が宙に浮いたギャラリーの姿も見てみてくださいね。

心ゆさぶる写実絵画─今を生きる日本の作家たち─

会期:5月19日(木)〜11月13日(日)

会場:ホキ美術館(千葉市緑区あすみが丘東3-15)

観覧料:一般1,800円 高・大生・65歳以上 1,300円 中学生 900円 *小学生以下無料(ただし大人1人につき小学生2人まで)

お問い合わせTEL 043-205-1500

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]