美術の窓

無料ニュースレターの購読

明治工芸の粋を尽くした英国ロイヤルコレクションの「台徳院殿霊廟模型」が、大本山増上寺の宝物展示室で公開に!

Category: 展覧会

2月5日に駐日英国大使館大使公邸で行われた記者発表でお披露目となった「台徳院殿霊廟模型」のうちの来迎柱

今年は徳川家康の没後400年にあたり、各地でこれを記念した展覧会なども企画されている。家康によって徳川将軍家の菩提寺として定められ発展してきた増上寺でも、4月2日、本堂地下1階に宝物展示室をオープンすることになった。宝物展示室で公開される作品の目玉はなんといっても英国ロイヤルコレクションが所蔵する「台徳院殿霊廟模型」。この模型はもともと明治時代にロンドンで開催された日英博覧会に展示するために東京美術学校(現・東京藝術大学)が制作したもの。建築の古宇田実と彫刻の高村光雲が監修をつとめ、明治文化の高い技術が詰まった美術品としても貴重。

1930年頃に撮影された台徳院殿霊廟本殿の内部の様子。厨子の左右に2本の来迎柱が見える。 画像提供:独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

台徳院殿霊廟は、二代将軍秀忠の墓所として寛永9年(1632)に三代将軍家光が増上寺境内の南側に造営した。現在、目にすることのできる日光東照宮は、じつはこの霊廟のプロトタイプ。戦前には国宝に指定されていた台徳院殿霊廟だが、昭和20年(1945)に戦災で消失。「台徳院殿霊廟模型」は台徳院殿霊廟の主要部分が10分の1のサイズで製作されており、これまではモノクロの写真でしか知ることのできなかった台徳院殿霊廟をより具体的に思い起こすことができる。

1910年ロンドンにおける日英博覧会で展示された台徳院殿霊廟模型 © Illustrations Bureau

修理中の台徳院殿霊廟模型。本殿の内部。 画像提供:増上寺

「台徳院殿霊廟模型」は日英博覧会で展示された後、ロンドン・キューガーデンで公開されていたが、後に解体され、英国王室コレクションの倉庫で保管されてきた。倉庫に眠るこの作品を、1996年にウィリアム・コールドレイク英国ロイヤル・コレクション・トラスト代表で東京大学大学院特任教授が発見。コールドレイク教授は「暗い倉庫で台徳院殿霊廟模型の来迎柱を向けた時にも美しい彩色や高い技術が施されていることが分かったが、今回、修復が行われ、創建当時の荘厳な輝きが現代に甦った。模型としてというよりも、高村光雲ら明治を代表する日本の作家たちの優れた技術が生み出した美術品そのもとして素晴らしい」と語る。

左よりウィリアム・コールドレイク英国ロイヤル・コレクション・トラスト代表・東京大学大学院特任教授、友田達祐増上寺執事長、ジョナサン・マースデン英国ロイヤル・コレクション・トラスト総責任者、ティム・ヒッチンズ駐日英国大使

ロイヤルコレクションが所蔵する「台徳院殿霊廟模型」は4月2日より新たにオープンする大本山増上寺宝物展示室で見ることができる。また展示室内ではあわせて平成23年(2011)に100幅すべてが公開され話題を呼んだ狩野一信「五百羅漢図」や「法然上人絵伝」(重要文化財)など、増上寺が所蔵する宝物も順次展示される予定となっている。

増上寺宝物展示室開設と模型展示

  • 会期:2015年4月2日(木)〜
  • 会場:増上寺大殿地下一階旧三縁ホール「宝物展示室」
  • 入館料:一般700円(税込)*徳川将軍家墓所拝観とのセット券1,000円
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]