アートコレクターズ

無料ニュースレターの購読

鹿島茂さんの連載をまとめた新刊「病膏肓に入る」発売!銀座蔦屋書店で10/6にトークイベントです。

既に小誌最新号やSNSで告知をしておりますが、仏文学者であり、古書・美術品コレクターとして知られる鹿島茂先生が2011年から15年にかけて行った小誌連載「我、発見せり。」が本になりました!

連載全59回に、特集企画でのご寄稿エッセイを加えた全60回を収録、題して「病膏肓に入る」。病膏肓に入るとは中国の故事から来ており、物事に熱中して抜け出られないほどになるという意です。

振り返れば、集め出すと集め切らないと気がすまない先生の蒐集というものは不治の難病とも言えます。そのコレクションという「病」を考えながら長らく綴られたのがこの連載。

練馬区立美術館や群馬県立館林美術館などで年1回以上行われているコレクション展にも出ている美術館級の逸品から、どうして集めたのか分からない・・・街で惹かれた珍品まで、コレクションをすることで新たな価値を創出するという先生の日々のエッセンスがふんだんに盛り込まれています!

全点フルカラーで写真つきですので、折々に眺め返すのにもぴったりな一冊になったかと思います。鹿島先生ファンの方にも、美術好きの方にも、あるいはモノ好きな方にも、広く楽しんでいただけそうです。

詳細はこちら https://www.tomosha.com/webshop/products/SKASHIMA 

そして! 本書の発売を記念し、今週10月6日(金)にGINZA SIX 6Fの銀座 蔦屋書店にてトークイベントが開催されます。本書の内容を中心に、鹿島先生の熱のこもったトークを生で聞けるチャンスです。さらに、今回は特別に、収録作品の実物も複数ご持参いただきます。トーク終了後にはサイン会も予定されていますので、是非お越しいただけますと幸いです。

【トークイベント】『病膏肓に入る―鹿島茂の何でもコレクション』(生活の友社)刊行記念、鹿島茂のノミの市―だって病みつきなのだもの

日 時:10月6日(金)19:30〜21:00 ※19:00開場

会 場:銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE

定 員:60名

参加費:2,000円(税込)

参加条件:イベント参加券 (2,000円/税込)をご購入いただいたお客様。 ※トーク終了後のサイン会は、銀座 蔦屋書店にて『病膏肓に入る』をご購入いただいた方。

申込方法:店頭/お電話(03-3575-7755)/オンラインショップ(T-SITE SHOPPING) ※オンラインショップでの受付は10月4日(水)午前9時の受注分まで。

問合先:銀座 蔦屋書店 TEL.03-3575-7755


トークイベントの詳細(お申し込み方法・参加条件など)はこちらをご覧下さい。

鹿島茂・著『病膏肓に入る ─鹿島茂の何でもコレクション』は、全国書店、アマゾン弊社ホームページでもお求めいただけます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
―人気の記事―

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]