アートコレクターズ

無料ニュースレターの購読

アートコレクターズ2月号本日発売!巻頭特集は「草間彌生 無限の網(ネット)で世界を覆う」

世界の草間彌生。

「世界で最も影響力のある100人」(2016年、『タイム』誌)に日本人で唯一、また「アート界で最も影響力のある100人」(2016年、artnet)や「世界で最も人気のあるアーティスト」(2014年、『アート・ニュースペーパー』紙)にも選出されるなど、世界有数の実力と知名度を誇るトップアーティストの草間彌生。

 「アートコレクターズ」2017年2月号は、「草間彌生 無限の網(ネット)で世界を覆う」を特集します。

 10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに幻想的な絵画を制作。1950年代後半に単身ニューヨークに渡って以降、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、さらには小説や詩に至るまで、幅広く活動を展開してきました。第45回ヴェネツィア・ビエンナーレ、横浜トリエンナーレ2001をはじめ、国際美術展での展示もその度に話題となった。近年では欧米、中南米、アジア、そして日本など世界各地で大規模な個展を次々と成功させました。

 そして、グローバルな現代アートマーケット、特にオークションにおける草間のマーケットも強い!オークションデータを分析し、グラフで説明。さらに、その強さの本質について、香港と日本の代表的なオークション会社のスペシャリストたちに話を伺いました。

右は「草間彌生 わが永遠の魂」に出展する「「ドレッシング・テーブル」、左は「Yayoi Kusama: Infinity Mirrors」に出展する「Flower Overcoat」。

 2月に国立新美術館で開催する過去最大規模の個展「草間彌生 わが永遠の魂」の見どころを南雄介副館長のインタビューとグラビアで紹介。また、同時期に開催する20年ぶりの北米巡回展「Yayoi Kusama: Infinity Mirros」のプレビューも掲載してあります。初めて草間彌生の「無限の鏡の間」をフォーカスする展覧会となる同展も要チェック!

 そして、草間彌生が「世界のクサマ」になるまでの経緯を、第45回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館のコミッショナー、横浜トリエンナーレ2001のディレクター、近年の国内10ヶ所を巡回した「草間彌生 永遠の永遠の永遠」にも携わった多摩美術大学学長、埼玉県立近代美術館館長の建畠晢先生に語ってもらいました。

 それだけでなく、90年代に姉妹誌の「美術の窓」に掲載した「草間彌生の交友録」(再編)を加えて、半世紀をこえて世界の人々を魅了してやまない草間彌生の魅力に迫ります!

 同じ号の巻頭連載「今月のトップランナー」には、東京都写真美術館で個展を開催しているタイ出身の映像作家・映画監督である、アピチャッポン・ウィーラセタクンが登場!

 その他、ART in PARK HOTEL TOKYO、 ART NAGOYAの案内や、山下裕二、鹿島茂らによる人気連載も要チェックです!
 美術鑑賞のお供に、ぜひお手にとってみてください。

「アートコレクターズ」2月号は全国書店、アマゾン弊社ホームページでもお求めいただけます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
―人気の記事―

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]