ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

interview

  • アート台北2016、好評のうちに終了

    アート台北2016会場風景

    第23回目となるアート台北が11月10日から11月15日まで、台北ワールドトレードセンターで開催され、3万人以上が入場した。今年のアート台北には150のギャラリーが出展し、日本からも初出展の新生堂、ギャラリーMomoをはじめ、32軒のギャラリーが出展した。

    続きを読む...

    Category: art fair, interview

  • 台北ビエンナーレ2016 、台北ビエンナーレ10回目記念展開催

    Translations:

    台北市立美術館

    「台北ビエンナーレ2016」はブリュッセルのエコール・ド・レシェルシェ・グラフィーク(Erg)のディレクター、コリーヌ・ディゼレンスをゲストキュレーターとして招き、世界中から約80組のアーティストが出展している。「文化のパラダイムシフト」をコンセプトとする今回のテーマ「Gestures and Archives of the Future」(現在の姿勢と資料、未来の系譜)では、知識体系及び美術を超えた分野と社会における美術館の役割を探求する。会期中、台湾現地の文化、教育施設と密接に協力しながら、展覧会、パフォーマンス、映画上映、シンポジウム、トーク、朗読やワークショップなど様々なプロジェクトを展開していく。協力施設は地域と学術分野を跨り、台北国際芸術村、香港アジア芸術文献庫、Vernacular Institute、Motto Booksなどがある。

    続きを読む...

    Category: exhibition, interview

  • 2016台北双年展,台北双年展1996-2014

    Translations:

    台北市立美術館

    「2016台北双年展」邀请客座策展人柯林•狄瑟涵合作,结合国内外近80组艺术家之力,连决展演出感官丰富、横跨各项领域的艺术盛事。策展人狄瑟涵提出“文化典范转移”作为本届展览策划核心,以“当下档案•未来系谱:双年展新语”为主题,探索美术馆游走于知识体系、跨越美学疆界、形塑社会组成的催化角色。透过贯穿整个展期,交织进行的展览 、表演艺术、放映会、论坛、朗读、研讨会、工作坊等艺术计划,密切与在地文化和教育机构协力合作。协力伙伴横跨亚洲与学术分野,包含台北国际艺术村、香港亚洲艺术文献库、Vernacular Institute、Motto Books等。

    続きを読む...

    Category: exhibition, interview

  • アートバーゼル香港アジアディレクター、アデリン・ウーイが語る、アートバーゼル香港がアジアに果たす役割

    アートバーゼル香港 2015よりアジア・ディレクターに就任したアデリン・ウーイ Adeline Ooi Director Asia, Art Basel © Art Basel

    昨年、アートバーゼル香港 2015より新たにアジアディレクターに就任して以来、世界各地を廻り多忙な毎日を過ごすアデリン・ウーイさん。3月24日から26日まで香港コンベンション& エキシビションセンター (HKCEC)にてアートバーゼル香港2016開幕を控え、来日したアデリンさんに、今年のアートバーゼル香港の展示について、アジアのアートにアートバーゼル香港が果たす役割、アジアのコレクターについてなど話を伺った。

    続きを読む...

    Category: art fair, interview

  • 采访:2015年威尼斯双年展日本馆艺术家——盐田千春

    2015年的第56届威尼斯双年展中代表日本参展的是当代艺术家盐田千春。大量的使用黑色或红色的线创作大型的装置作品让人难忘。 而她以人类最初的记忆为题,采访2~3岁儿童的影像作品现正在东京·森美术馆展出。盐田不断探寻生与死,以及存在的作品,让人难以忘怀。

    続きを読む...

    Category: interview

  • 采访:日本前卫艺术家篠原有司男&妻子·乃り子

    电影海报

    以日本前卫艺术家篠原有司男和妻子乃り子(NORIKO)为主角的纪实片《小可爱和拳击手》继2013年夏于美国公映之后于12月在日本上映。这是一个关于自1969年来到纽约,在当代艺术的中心持续挑战的日本艺术家和他的妻子的故事。是一个关于两位艺术家激荡的艺术生涯和在期间展开地爱的故事。该片获得了奥斯卡金像奖最佳纪录片奖提名,圣丹斯电影节最佳导演奖外,还受到了翠贝卡电影节,旧金山国际电影节,卡罗维发利电影节及慕尼黑电影节邀请,在世界掀起了《小可爱和拳击手》旋风。但是作为主角的篠原有司男本人对与本片却做了这样的评价:“就电影本身来说,我很不满意(笑)。”究竟是什么原因呢。

    続きを読む...

    Category: interview

  • 采访:日本当代艺术展今夏在圣菲(美国)开展!

    Translations:

    「Impacts! 勢み」@ZANE BENNETT Contemporary Art 开幕酒会现场

    说到美国的圣菲,多数艺术爱好者首先想到是女艺术家乔治亚·欧姬芙。其实圣菲是美国艺术市场中紧随纽约可和洛杉矶相匹的市场。从这个城市仅有8万人口却拥有250家画廊这两个数字上应该可以最直观的感受到她的活力。特别是在夏季,全美名人中不少人都会到圣菲避暑,也为当地的艺术市场更添活力。今夏,位于圣菲的ZANE BENNETT Contemporary Art主办了以日本当代艺术展《Impacts! 勢み 》为主,意在介绍日本文化的“日本艺术节”。我们采访了为此访日的Sandy Zane小姐, Ned Bennett先生和 Shinji Ochiai先生。

    続きを読む...

    Category: interview

  • インタビュー:サンタフェで日本の現代美術の展覧会がこの夏開催に!

    Translations:

    「Impacts! 勢み」@ゼーン・ベネット・コンテンポラリーアート プレビューの様子

    サンタフェというと、日本の美術ファンにはジョージア・オキーフのイメージが強いかもしれない。じつはこのサンタフェは全米のアートマーケットにおいて、1位のニューヨークに次いで2位、あるいはロサンゼルスに次いで3位の規模を誇る。それを裏付けるように人口8万人の町には250ものギャラリーが存在する。特に夏の期間は全米各地からセレブをはじめ多くの人々が避暑に訪れ、アートシーンも活発化する。そのサンタフェにあるギャラリー、ゼーン・ベネット・コンテンポラリーアートがこの夏、日本の現代美術を集めた「Impacts! 勢み」展をはじめ、日本文化を紹介するジャパン・アート・フェスタを開催する。日本の現代美術がサンタフェにどんな「Impact」を与えるのか? 

    続きを読む...

    Category: interview

  • マグナス・レンフリューにインタビュー

    Translations:

    Magnus Renfrew, Director Asia, Courtesy Art Basel

    昨年、アジアで初となるアート・バーゼル「アート・バーゼル香港」が開催され話題となった。アート・バーゼル香港の前身はアート香港で、アジア進出をもくろむアート・バーゼルがこのフェアに白羽の矢を立て、買収したことでアジアに初のアート・バーゼルが誕生したわけだ。現在、アート・バーゼルのディレクター・アジアをつとめるマグナス・レンフリューは、じつはアート香港を2007年に立ち上げた人物。ここでは来日中のマグナス氏に今年のアート・バーゼル香港の展望を中心に話を伺った。

    続きを読む...

    Category: art fair, interview

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]