ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

アート・バーゼル香港2018出展ギャラリー・リストを発表

Category: art fair, news

アート・バーゼル香港2017の会場風景

第6回アート・バーゼル香港は2018年の出展ギャラリーリストを発表。32カ国から249のギャラリーが出展し、20世紀前半の近代美術の傑作から最新の現代美術まで、ベテラン及び新進気鋭のアーティストによる作品を紹介する。UBSを主要パートナーとするアート・バーゼルは、香港コンベンション&エキシ ビションセンター(HKCEC)を会場に、2018年3月29日(木)から3月31日(土)まで開催される。

今回は過去出展の経験がある強力のギャラリーに加え、アメリカやヨーロッパの重要なギャラリーやアジアの若い世代のギャラリーが含む、28のギャラリーが初参加する予定。そのうち次の14ギャラリーがアジアおよびアジア・パシフィック地域を拠点としている:亞洲藝術中心(アジア・アート・センター、台北/北京)、胶囊上海(カプセル・シャンハイ)、東ギャラリー(ドン・ギャラリー、上海)、没顶画廊(メイドイン・ギャラリー、上海)、Dastan's Basement(テヘラン)、ギャラリー・バトン(ソウル)、ギャラリー・エスパス(ニューデリー)、Gow Langsfordギャラリー(オークランド)、チョヒョン画廊(プサン/ソウル)、Maho Kubota Gallery(東京)、モリユウギャラリー(京都/東京)、Öktem&Aykut(イスタンブール)、Tarq(ムンバイ)、Woosonギャラリー(テグ)。 また、アメリカとヨーロッパから14のトップギャラリーが今年度デビュー予定。アメリカからは47カナル、ギャビン・ブラウンズ・エンタープライズ、コモンウェルス・アンド・カウンシル、ハンナ・ホフマン・ギャラリー、JTT、コーン・ギャラリー、ミゲル・アブロー・ギャラリー、ペッツェル・ギャラリー、ターニャ・ボナクダー・ギャラリー、トゥ・パームズが、そしてヨーロッパからはGalerie Emanuel Layr、ジョシュ・リリー、ザ・モダン・インスティテュート、バーバラ・ヴィーンが参加する。

フェアのメイン部門であるギャラリー部門は世界の主要ギャラリー196軒が最高の絵画、彫刻、ドローイング、インスタレーション、写真、ビデオ、エディション作品を紹介する。日本からはBlum & Poe、ユミコチバアソシエイツ、タカ・イシイギャラリー、カイカイキキギャラリー、小山登美夫ギャラリー、ミヅマアートギャラリー、無人島プロダクション、Nanzuka、Taro Nasu、日動画廊、オオタファインアーツ、ギャラリー・ペロタン、SCAI The Bathhouse、シュウゴアーツ、Take Ninagawa、東京画廊 + BTAP、山本現代がこのセクターに出展する。

インサイト部門は、個展、優れた歴史的資料を含む展示、優れたテーマを掲げるグループ展で構成され、28のギャラリーが参加。このユニークな部門は、アジア及びアジア=パシフィック地域の重要作家の作品を紹介し、アジア美術の歴史を提示する。日本からは、初出展の、Maho Kubota Gallery(展示アーティスト:長島有里枝)とモリユウギャラリー(展示アーティスト:飯村隆彦、河合政之)、そしてMEM(展示アーティスト:森村泰昌)、Misa Shin Gallery (展示アーティスト:磯崎新)、Standing Pine(intext)が参加する。また、北京の星空間が金氏徹平の個展を展示する予定。

ディスカバリー部門では、新進作家の個展を行う。今年度は、日本のウラノ(出展アーティスト:梅津庸一)を含め、25のギャラリーが参加する。また今回もディスカバリー部門のアーティストひとり(一組)にBMWアート・ジャーニー賞が授与される予定。

アートバーゼル香港 2018

会期:2018年3月29日(木)〜31日(土)

会場:香港コンベンション&エキシビションセンター (HKCEC)

https://www.artbasel.com/hong-kong

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]