ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

アート台北2017いよいよ開幕!

Category: art fair

会場風景

アート台北2017は10月20日から台北ワールドトレードセンターで開催。今回は「私立美術館の台頭」をテーマに揚げ、15ヶ国・地域から120のギャラリーが出展している。そのうち台湾が62軒、日本が21軒、中国・香港が19軒、東南アジアが7軒、韓国が4軒。アジアのアートシーンを中心に、人気の若手作家から20世紀の巨匠まで、約3,000点の作品を展示。

Aki Gallery

みぞえ画廊

台湾を代表する映画監督の蔡明亮の作品。

秋華洞

100 Galleryで展示されている井上有一の作品。

日動画廊の展示風景。画廊は現代アートの若手作家の坂本和也から、中堅作家の吉川龍、近代美術の巨匠の梅原龍三郎、藤田嗣治まで展示している。

大象芸術空間で展示されている湯傑の作品。

至峰堂

新生堂

ホワイトストーンギャラリー

会場で展示されている草間彌生の立体作品が人気の写真スポット。

NUKAGA GALLERY

IKKAN GALLERYで展示されているチームラボの新作。

SAKURADO FINE ARTS

GALLERY小暮

YOD Galleryで展示している横尾忠則と細江英公のコラボレーション作品。

思文閣

小林画廊

ギャラリー椿

ガレリア・グラフィカ

ブースでのアート作品の展示の他、総合テーマの「私立美術館の台頭」をテーマにした「芸術講座」は各国の著名なプライベートコレクションを運営する芸術機構と、個人コレクションがパブリック展示に変身する傾向について、企画展示とトークなども会期中に行う。

アート台北2017

会期:10月20日〜23日

会場:台北ワールドトレードセンター

http://art-taipei.com/2017/en/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]