ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

「中西夏之展」@SCAI THE BATHHOUSE

「着陸と着水XIV 五浦海岸」  2013年 真鍮板(6枚)、木製六角ステージ、木枠(200F)、小鋼球、金剛砂、紙、茶椀(青木亮作)   真鍮板:180×180×0・15㎝、木製六角ステージ:一辺182㎝  撮影:齋藤さだむ

〔この地表〕はまた水平膜面と呼べる程に揺れやすく破れやすい。私達はそこに位置している。
                                     —中西夏之

昨年10月に他界した、戦後の日本現代美術を牽引してきた中西夏之。SCAI THE BATHHOUSEは9月15日から10月28日までに「中西夏之展」を開催し、中西が東日本大震災により流失した六角堂に寄せて制作した「着陸と着水XIV 五浦海岸」を展示する。

「着陸と着水XIV 五浦海岸」  2013年 真鍮板(6枚)、木製六角ステージ、木枠(200F)、小鋼球、金剛砂、紙、茶椀(青木亮作)   真鍮板:180×180×0・15㎝、木製六角ステージ:一辺182㎝  撮影:齋藤さだむ

六角堂は岡倉天心が茨城県五浦海岸でわずか4畳半の上に設計した、仏堂と茶室を融合し、太平洋の水平線を一望しながら茶椀に張った水平面を確認することができる瞑想の場だった。2011年に東日本大震災に伴う大津波によって流失したが、2012年に再建された。

中西が2013年に制作した「着陸と着水XIV 五浦海岸」は、六角堂を模し、4畳半大の土台に6枚の薄い真鍮板を切り立たせ、砂や小鋼球体などを配し、その反射で作品を構成した。絵画と向き合う考察の中で生まれたインスタレーションは、垂直に立つ絵画が強調する不安な水平性を追求し、室町時代前期から続く茶の湯にある絶対的な水平面を生み出す儀式感をもたらす。

「着陸と着水XIV 五浦海岸」  2013年 真鍮板(6枚)、木製六角ステージ、木枠(200F)、小鋼球、金剛砂、紙、茶椀(青木亮作)   真鍮板:180×180×0・15㎝、木製六角ステージ:一辺182㎝  撮影:齋藤さだむ

中西夏之 展

時間 9月15日(金)〜10月28日(土)

場所 SCAI THE BATHHOUSE

http://www.scaithebathhouse.com/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]