ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

シンガポール・ビエンナーレ2016

Category: exhibition, news

竹川宣彰の作品の展示風景(SAM at 8Q)

シンガポールビエンナーレは昨年10月27日から2017年2月26日まで、シンガポール美術館(SAM)、SAM at 8Qを含む9つの会場で開催されている。今回のテーマは「An Atlas of Mirrors」(鏡の地図集)。展示は「空間」、「時間」、「記憶」、「自然」、「境界」、「媒介」、「アイデンティティー」、「移動」そして「欠如」9つのサブタイトルにより構成される。東南アジア、東アジア、南アジアを跨がる19の国と地域から63組のアーティストたちによる作品が展示され、日本からは3名のアーティスト竹川宣彰、行武治美、Kentaro Hiroki(タイ在住)の作品が展示された。展示作品63点のうち8割以上は今回ビエンナーレのために制作したもの、またはリメークしたものである。63点はそれぞれ展示されているが、作品と作品の対話によって、一つの物語を語っている。

行武治美の作品の展示風景

Kentaro Hirokiの作品の展示風景

ビエンナーレの期間中には、ベネッセホールディングスが主催する「ベネッセ・アワード」の授賞式が1月12日、シンガポール美術館で行われた。優勝者には300万円の賞金と、ベネッセ・アート・サイト直島サイトスペシフィック・アートのコミッションが与えられる。同賞の授賞式は1995年からヴェネツィア・ビエンナーレ等で行われてきたが、アジアで行う初の授賞式の舞台としてシンガポールを選んだ。優勝者はタイ出身の若手女性アーティストPannaphan Yodmanee(1988年生まれ)で、ベネッセホールディングスの福武総一郎理事長が賞を授与した。

Pannaphan Yodmaneeのインスタレーション作品

Pannaphan Yodmaneeと福武総一郎理事長が1月12日の授賞式にて。

シンガポールビエンナーレ

会場:シンガポール美術館

会期:2016年10月27日〜2017年2月26日

https://www.singaporebiennale.org/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]