ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

アート台北2016、好評のうちに終了

Category: art fair, interview

アート台北2016会場風景

第23回目となるアート台北が11月10日から11月15日まで、台北ワールドトレードセンターで開催され、3万人以上が入場した。今年のアート台北には150のギャラリーが出展し、日本からも初出展の新生堂、ギャラリーMomoをはじめ、32軒のギャラリーが出展した。

日本のギャラリーの売上げは堅調。至峰堂画廊は山本雄教と山田啓喜の二つの個展及び巨匠梅原龍三朗、堂本印象の作品の展示を行った。アート台北で初めて展示をする山本雄教の展示スペースでは床一面が一円玉で敷かれ、気付かずにその上を歩く観客に驚きを与えた。秋華洞は池永康晟や鈴木博雄などの作品を展示し、好況だった。初出展の新生堂は大森暁生、坂本トクロウ、福井江太郎などの作品を展示し、数点成約された。日動画廊で展示された坂本和也の大作がプレビューで成約された。ホワイトストーンギャラリーが展示した草間彌生の大作が成約。さくら洞が展示した草間彌生の立体作品が2点成約。

至峰堂画廊

秋華洞

新生堂

今年3月に台北MOCAで個展を開催した蜷川実花の作品が小山登美夫ギャラリーで展示され、多数が成約。WAKO WORKS OF ARTで展示されたターナー賞受賞の写真家Wolfgang Tillmansの作品やGerhard Richterの作品が数点成約。みぞえ画廊で展示された弓手研平の作品などが多数成約。同画廊が展示したピカソ、シャガールの名品はフェア中話題となった。艸居では三島美喜代の彫刻作品がプレビューで予約された。小林画廊はプレビューで秋山泉と田中千智の作品が数点成約。YOD Galleryで展示された関根伸夫のドローイングや樋口新のペインティングが多数成約。Y++ Wada Fine Artsとmatchbako | KEN NAKAHASHIは共同ブースの形で出展し、プレビューで井原信次の作品が数点成約された。Yoshiaki Inoue Galleryでは北川宏人や平久彌の作品が多数成約。TEZUKAYAMA GALLERYで展示された因藤壽、草間彌生の作品は数点成約し、タムラサトルの作品も注目を浴び、作品が成約した。ARTCOURT Galleryでは西野康造の彫刻が成約。初出展となるgallery COEXIST-TOKYOで展示されたKoheiの大作が成約され、坪田昌之の作品も注目を集めた。waitingroomは若手作家の川内理香子の個展を行い、小品を中心に多数成約。初出展のギャラリーMomoは今年フェアが新たに設置したヴォイス・オブ・イメージ(Voice of Image)セクションに参加した。同画廊で展示された村田朋泰の映像作品が日本とアメリカのコレクターに購入され、川島小鳥の作品も多く成約した。STANDING PINEは平川祐樹の映像作品「Burning a second - Instellation ver.」が成約。ペインティング、立体等のグループ展を行ったギャラリー椿は作品が多数成約した。

日動画廊

Whitestone Gallery

日本に限らず、東アジア20世紀の大家による作品も人気が衰えず、Caves Art Center、観止堂、YIRI ARTSなど台湾の画廊では作品の約8割が成約。CHINI GALLERYが展示した彫刻の大家李光裕の作品が完売。Metaphysical Art Galleryでは王攀元による「A Mountain Dwelling」など4点の油絵作品が完売。Loftyart Galleryで展示された劉国松の作品は堅調な売れ行きを見せた。その他にも、Bluerider Artで展示されたスイスのアーティストMarckのビデオインスタレーションが開場まもなくして完売。InArt Spaceで展示された写真家郭英声の作品も完売した。LIANG GALLERYで展示された許家維の映像作品「文曲道観寺」が国立台湾美術館に収蔵された。

台湾の文化部が選出した新人作家の作品を展示するセクション「Made In Taiwan 新人推薦特区」では8人の台湾出身作家による作品が8割以上成約し、昨年に引き続き好成績を得た。

アジア環太平洋画廊連盟の主席及び中華民国画廊協会理事長の王瑞棋は、「今年のアート台北はアジア環太平洋地域の有力画廊を集結し、望ましい結果が得られました。これからも市場の発展、新たなコレクター層の発掘に向けて、アジア環太平洋の各地域と緊密に連携していこうと考えております。次回のアート台北はより豊かなアジア環太平洋地域のアートシーンを皆様にご覧に入れられるように力を尽くします」と熱く語った。次回のアート台北は2017年10月20日から23日に開催される予定である。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]