ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

台北ビエンナーレ2016 、台北ビエンナーレ10回目記念展開催

Translations:

Category: exhibition, interview

台北市立美術館

「台北ビエンナーレ2016」はブリュッセルのエコール・ド・レシェルシェ・グラフィーク(Erg)のディレクター、コリーヌ・ディゼレンスをゲストキュレーターとして招き、世界中から約80組のアーティストが出展している。「文化のパラダイムシフト」をコンセプトとする今回のテーマ「Gestures and Archives of the Future」(現在の姿勢と資料、未来の系譜)では、知識体系及び美術を超えた分野と社会における美術館の役割を探求する。会期中、台湾現地の文化、教育施設と密接に協力しながら、展覧会、パフォーマンス、映画上映、シンポジウム、トーク、朗読やワークショップなど様々なプロジェクトを展開していく。協力施設は地域と学術分野を跨り、台北国際芸術村、香港アジア芸術文献庫、Vernacular Institute、Motto Booksなどがある。

Chia-Wei HSU, Sp

CHEN Chieh-jen, Realm of Reverberation

Ângela Ferreira,  A Tendency to Forget

PARK Chan-Kyong, Citizens' Forest

Santu MOFOKENG, Buddhist Retreat, near Pietermaritzburg

台北市立美術館館長林平は記者発表会で、「『十』というのは中国語圏において円満そして次のステップ意味します。」と語った。館長によると、世界各地のビエンナーレはそれぞれ異なる背景で発展し、様々な施設によって開催されている。今回台湾ビエンナーレは10回目を迎え、「ビエンナーレ」とは何か、「美術館におけるビエンナーレとは何か、どんな可能性があるか」について探求する。また、台北ビエンナーレは台湾及び国際的な芸術交流の場として、多くの活動や展覧会も同時開催している。さらに10回目の記念展として、「台北ビエンナーレ・レトロスペクティブ 1996-2014」を開催しており、二つの展覧会によって、過去を振り返えながら来館された方々に未来を想像させます。

台北ビエンナーレ10回目記念展

YU Cheng-Ta, ODE TO THE TAIPEI BIENNIAL

台北ビエンナーレ2016

会期:2016年9月10日〜2月5日

会場:台北市立美術館

http://www.taipeibiennial.org/2016/en

朗誦・文献:台北ビエンナーレ1996-2014

会期:2016年8月13日〜2月5日

会場:台北市立美術館

http://www.taipeibiennial.org/TB1996-2014/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]