ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

アーティスト集団[Assemble]がターナー賞2015を受賞

Translations:

Category: exhibition, news

Assemble Group Photo 2014 © Assemble

ターナー賞2015は、12月7日に受賞式をグラスゴーのトラムウェイで開催し、4名の最終候補者からロンドンを拠点に活動するアーティスト集団[Assemble]が選ばれた。[Assemble]には賞金25,000ポンド(462万円)、ノミネートされたボBonnie Camplin、Janice KerbelとNicole Wermersにはそれぞれ5,000ポンド(92万円)が授与された。4名・組のアーティストたちによる「ターナー賞2015」が2016年1月17日までトラムウェイで開催。なお、ターナー賞のスコットランドでの授賞式が初となる。

[Assemble]は、2010年に18のメンバーが結成したロンドンを拠点にアート、デザイン、建築といった領域で活動するアーティスト集団。今回受賞したのはリバプールのトックステス、グランビー・フォー・ストリーツの地域住民と取り組んでいるプロジェクト。地域住民たちはこの1900年前後に建築された住宅群及び公共空間が壊されないように、数十年をわたって政府と対抗してきた。[Assemble]は地域団体の活動に加え、同地域の住宅や公共空間を改善する活動に取り組んでいる。

 1984年に創設されたターナー賞は、イギリスを拠点に活動する50歳未満のアーティストに対して毎年贈られる賞。ターナー賞は、春に毎年変わる審査員が4名のアーティストをノミネートし、晩秋から冬にかけてテート・ブリテンにて展示を行ない、会期中に受賞者が発表される。第31回のターナー賞の審査委員はAlistair Hudson(ミドルズブラ近代美術館館長)、Jan Verwoert(評論家兼キュレーター)、Joanna Mytkowska(ワルシャワ近代美術館館長)とKyla McDonald(グラスゴー彫刻スタジオのアーティスティック・ディレクター)が担当し、テート・ブリテン館長のAlex Farquharsonが審査委員長を務めた。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]