ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

初回のアート・バーゼル・香港の「Discoveries Prize」が発表

Translations:

Category: art fair, news


(左から): Cosmin Costinas, Outset Curator of Contemporary Art and Executive Director of Para/Site Art Space; Mihai Pop from Galeria Plan B; Alexandra Munroe, Samsung Senior Curator of Asian Art at the Solomon R. Guggenheim Museum; Navid Nuur, one of the winning artists; Mihaele Lutea from Galeria Plan B; Elaine Ng, Editor and Publisher of ArtAsiaPacific Magazine; Magnus Renfrew, Director Asia of Art Basel

ベルリンの画廊Galeria Plan Bが展示したアーティスト2人が初回のアート・バーゼル・香港の「Discoveries Prize」を受賞し、賞金は2万5,000米ドル。

テヘラン出身のアーティストNavid Nuur(1976)とルーマニア バイア・マーレ出身のアーティストAdrian Ghenie(1977)は今回共同プロジェクト「The Possibility of Purple」を展示した。Navid Nuurは自分の概念をクラシック絵画で表現し、Adrian Ghenieは具象にある抽象的な要素に感心がある。今回のプロジェクトは、具象と抽象の対話を通して、絵画の非物質化に問いを掛けている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]