ARTcollectors' in Asia

Subscribe to Our Free Newsletters

Recent Posts

  • 「日本近代洋画大展」が台北・北師美術館で開催

    10月7日から日本近体洋画100年の歴史を振り返る「日本近代洋画大展」が国立台北教育大学北師美術館で開催。明治から昭和にわたる約100年間に制作された油彩50点、水彩35点、笠間日動美術館が所蔵する貴重なパレット6点を展示。展覧会は国際交流基金、北師美術館、東京藝術大学、日本洋画商協同組合の共催によるもの。

    続きを読む...

  • アート台北2017いよいよ開幕!

    会場風景

    アート台北2017は10月20日から台北ワールドトレードセンターで開催。今回は「私立美術館の台頭」をテーマに揚げ、15ヶ国・地域から120のギャラリーが出展している。そのうち台湾が62軒、日本が21軒、中国・香港が19軒、東南アジアが7軒、韓国が4軒。アジアのアートシーンを中心に、人気の若手作家から20世紀の巨匠まで、約3,000点の作品を展示。

    続きを読む...

    Category: art fair

  • 「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」がオープン

    1階のエントランスで白い虎が出迎える。後ろの窓から外にいる小さな熊が見える。

    クスノキの丸太から彫り出す動物の彫刻作品「ANIMALS」で知られる彫刻家・三沢厚彦。今回そのアニマルズ群団が出現するのは、白井晟一設計による特徴的な建築で知られる渋谷区立松濤美術館。美術館を「アニマルハウス 謎の館」と称して、三沢厚彦が館の主人として、会期中、会場で制作したり、展示したりする。さらに、親交の深い彫刻家・舟越桂、画家の小林正人と杉戸洋、写真家の浅田政志も客人として館の中へと招き、作品展示や公開制作を行う。

    続きを読む...

    Category: exhibition

  • 近藤亚树台湾首展于本周末开幕

    Translations:

    From Island to Island , 2017, Acrylic on panel, 31.8 x 41cm, Courtesy of the artist, ShugoArts and TKG+ Projects

    近藤亚树的作品中那大胆的笔触和强烈的色彩令人印象深刻。9月23日至11月12日在台北TKG+ Projects将举办她的台湾首次个展《From Island to Island》。展示艺术家在经过45天在台湾的驻地计划后创作的新作系列。展览会为东京ShugoArts和TKG+合作策划。

    続きを読む...

    Category: exhibition

  • 近藤亜樹の台湾初個展が今週末から開催

    Translations:

    From Island to Island , 2017, Acrylic on panel, 31.8 x 41cm, Courtesy of the artist, ShugoArts and TKG+ Projects

    激しい筆致と強烈な色彩で即興的に描く近藤亜樹。9月23日から11月12日まで台北のTKG+ Projectsで台湾での初個展「From Island to Island」を開催する。近藤が台湾で45日間のアーティスト・イン・レジデンスを経て、制作した新作を発表。展覧会はShugoArtsとTKG+の共同企画である。

    続きを読む...

    Category: exhibition

  • サザビーズ香港:秋季オークションで16の世界レコードを更新

    9月30日に行われた「モダン及び現代美術 イブニングセール」の会場風景 © Sotheby's

    サザビーズ香港は9月29日から10月3日まで香港コンベンション&エキシビジョンセンターで秋季オークションを開催した。総落札額が31億5,000万香港ドル(453億6,000万円)で、総落札率が86%に達した。2億9,430万香港ドル(42億3,792万円)で落札された「北宋 汝窯天青釉筆洗」をはじめ、16の世界オークションレコードを更新。オンラインの落札は12%を占め、昨年秋より25%増加。

    続きを読む...

    Category: auction

  • インタビュー:香港M+のスハーニャ・ラフェル館長

    スハーニャ・ラフェル Courtesy of West Kowloon Cultural District Authority and M+, Hong Kong

     2016年の11月に、香港のM+(エム・プラス)がスリランカ出身の女性キュレーター、スハーニャ・ラフェルさんを2代目の館長として任命した。ラフェルさんは、1994年からキュレーターとして「Asia Pacific Triennial of Contemporary Art」に携わり、Queensland Art Gallery and Gallery of Modern Artのキュレーション及びコレクション担当の副総監を務めていた。2013年からオーストラリアのニューサウスウェールズ州立美術館副館長兼コレクション担当ディレクターを就任していた。アジア汎太平洋地域の現代美術のスペシャリストであるラフェルさんは、開催中のヨコハマトリエンナーレ2017の構想メンバーでもある。今回は来日したラフェルさんにM+の最新状況について、話しを伺った。

    続きを読む...

  • 【速報】サザビーズ香港:幻の汝窯青磁が世界レコードを更新

    オークション会場 © Sotheby's

    今日(10月3日)にサザビーズ香港の秋季オークションで行われた「楽従堂蔵宋朝磁器」特集セールに出品された「北宋 汝窯天青釉筆洗」が、2億9430万香港ドル(約42億5570万円)で落札され、中国磁器の世界オークションレコードを更新した。

    続きを読む...

    Category: auction

  • 第10回恵比寿映像祭が総合テーマ及び出展アーティスト第1弾を発表

    第10回恵比寿映像祭のポスター

    映像分野における創造活動の活性化と、優れた映像表現を過去から現在、そして未来へと継承し、事業を通じて様々なジャンルとの対話を促す「恵比寿映像祭」。来年10回目の節目を迎える同映像祭は「インヴィジブル(見えないもの)」を総合テーマに、2018年2月9日から25日まで開催する。1960年代エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)から最新作まで多様な映像表現を紹介し、恵比寿地域の文化施設・ギャラリーでの連携企画のほか海外フェスティヴァルともリンクし、恵比寿の街から映像文化を発信する。

    続きを読む...

お問い合わせ
  • 株式会社 生活の友社
  • 〒104-0061
  • 東京都中央区銀座1-13-12 銀友ビル4F
  • Tel. 03-3564-6900
  • Fax. 03-3564-6901
[ 美術の窓 ]
[ アートコレクターズ ]
[ ARTcollectors' in Asia ]
[ 書籍 ]
[ オンラインショップ ]